在籍確認カードローンで電話確認なし審査は可能?返済シミュレーションとの相関

在籍確認カードローンで電話確認なし審査は可能?返済シミュレーションとの相関

 

 

お金を借りるときの審査の1つに在籍確認というものがあります。これは仮審査を通過したあとの本審査で行われる手続きで、本当に申込書に書かれている職場で働いているかどうかチェックするためのものです。このチェックをしないと収入があることの裏付けが取れず、金融機関のリスクが高まってしまうのです。

 

電話には本人がでなくても確認作業は進みます。不在の時でも対応した社内の人から「本日はお休み」、「ただいま外出している」など、明らかに会社に所属している言葉を聞くことができれば良いのです。本人が出ても問題ありませんが、本人確認のために生年月日や住所を尋ねられることもありますので、周りの人に電話で話をしている内容を聞かれたら、何かの審査なのかと思われるかもしれません。電話確認がどうしても必要になった場合は、できるだけ不在のときに在籍確認の電話がかかってくるように、電話をしてもらう時間を調整すると良いでしょう。

 

しかし申し込みをする人の中には在籍確認をされるとどうしても困るという人もいるかもしれません。例えば飲食店などのアルバイトの人は社外から電話がかかってくるようなことはまずありませんので、電話がかかってくること自体が何かの審査であると勘繰られてしまいます。在籍確認では多くの会社が会社名を名乗らずに個人名でかけてくれますが、正社員であっても電話がかかってくること自体がないような職種の人は、同様に電話がかかってくることに対して不安に感じるでしょう。

 

この電話確認は法律で決められている手続きではなく、あくまでも金融機関のリスクを抑えるために行われています。別の方法で働いていることの確認が取れれば、電話による確認をパスしてくれるカードローンもあるのです。そのようなカードローンにモビットやアイフルがあります。

 

モビットの場合はWeb完結という手続きによって、一切連絡を取ることなく全ての審査がネット上で完結するようになっています。プロミスやアコムのように、申込者の状況によって融通の利いた審査をしてくれる会社もあります。ただしプロミスは最近になって電話による確認を原則必須と明言するようになりました。確実に電話を避けたいのであれば、モビットのWeb完結が良いでしょう。Web完結でない方法で申し込みをすると電話連絡が発生してしまうので、十分注意して申し込みをしなくてはなりません。

 

電話による在籍確認を避けるためには働いていることが証明できる書類を送信しなくてはなりません。必要とされる書類は会社の判断によって異なりますが、健康保険のコピーや給料明細が一般的です。複数の種類を求められることもありますし、給料明細の場合は数か月分必要になることもあります。

 

勤め始めたばかりの人では審査に通ることが難しいこともあるので、転職する予定のある人は退職前に契約をしたほうが、審査通過率が上がりますし、限度額や金利など有利な条件で契約できる可能性が高くなります。

 

また、健康保険を必須としているような金融機関では、保険未加入のアルバイトでは難しい場合もあります。

 

電話による確認を避けたいと思った場合は、申し込み後にコールセンターに相談をしてみると良いでしょう。ただし電話確認が必須となっているカードローンもありますので、そういった金融機関は避けて申し込みをしなくてはなりません。短期間にたくさん申し込みをすると、審査でマイナスポイントとなってしまうので気を付けましょう。

 

在籍確認は契約したときだけ行われるものではありません。例えば増額申請をしたときです。契約内容が変更になる度に電話連絡が必要となる会社もあります。

 

できるだけ電話がかかってくることを避けたいと思っている人でも、我慢することでメリットもあります。電話確認が取れることによって金融機関のリスクが下がりますので、より有利な条件で契約ができる可能性が高くなります。

 

中にはこうした電話を避けるために、アリバイ会社を利用してしまう人もいます。アリバイ会社とはこうした審査に困らないために、架空の会社に所属しているように書類を発行してくれる会社です。金融商品の契約でこうしたアリバイ会社を利用してしまうと、金融機関をだますことになり、最悪詐欺で捕まってしまう危険性があります。

 

電話連絡を避けたいからと言って、アリバイ会社を利用することはやめましょう。架空の給料明細を発行することでたくさんの借金をしようとする人もいますが、収入に見合わない借金は身を亡ぼすきっかけとなる場合もあります。

 

カードローンを提供している金融機関ではコールセンターの品質向上のため、さまざまな対策を行っています。

 

申込者の情報を守ることもその1つで、家族や会社の人に申し込みがばれないように工夫をして電話をかけてきてくれます。あまり過度に心配する必要はありません。電話確認がない会社から契約先を選択すると、選択肢が狭まってしまう分、良い条件で契約できないこともあります。条件を考えて契約先を選ぶことも大切です。

 

 

在籍確認なしカードローン

 

在籍確認はカードローン審査である?

 

カードローン電話なし